不動産投資で豊かな老後を迎えよう

自分の老後に備えよう

老後不安が広がっています。少子化と高齢化により社会保障費が増大しており、医療負担の増加や年金受取額の減少の恐れがあります。老後破産を防ぎ豊かな老後を迎えるために、不動産投資を始めてみてはいかがでしょうか。不動産投資は株式投資とは異なり、株価変動リスクをほとんど考慮する必要がありません。また、債券投資より多くの利益を得られるため、資産形成に非常に適しています。20代や30代の方でも不動産投資は行えるため、今や多くの方が不動産投資を始めています。

2つのポイントで賃貸物件は選ぼう

不動産投資を始めるためには、まず賃貸物件を保有しなければなりません。賃貸物件は2つのポイントで選ぶことで、安定した家賃収入を得られます。まず1つ目のポイントが、利便性の高い立地です。最寄り駅から徒歩7分以内の立地であれば、容易に入居者を確保できるでしょう。そして2つ目のポイントが、入居者ニーズを満たした設備を導入することです。インターネットやセキュリティは、現在の入居者が最低条件にしている設備です。入居者ニーズを満たした設備を導入することで、さらに入居者が確保しやすくなります。

管理会社選びは慎重に

立地と入居者ニーズで賃貸物件を選んだ後は、日々の管理を任せる管理会社を選ぶ必要があります。どの管理会社を選ぶかにによって、入居率は異なってきます。入居率が97%以上であるか、フットワークは軽いか、親身で丁寧に対応してくれるか、資金計画や修繕計画を提案してくれるかで管理会社を選びましょう。管理会社は、不動産投資においてのパートナーとなる存在です。慎重に選び、成功する不動産投資家になることが重要です。

札幌市北区の賃貸マンションは、ローンの審査や一戸建てほどの面倒な手続きも特にないので気軽に入居することが可能です。